歯が動く仕組み

歯列矯正用の器具を装着することで、「歯根膜(しこんまく)」に弱い力が加わります。歯根膜は顎の骨と歯の根っこの間にある膜で、普段は歯の緩衝材のような役割を果たしているものです。

その歯根膜が引っ張られたり、縮んだりして、歯が動いていきます。

歯列矯正用の器具を装着することで、「歯根膜(しこんまく)」に弱い力が加わります。歯根膜は顎の骨と歯の根っこの間にある膜で、普段は歯の緩衝材のような役割を果たしているものです。 ここに力が加わると、歯を動かしたい方向側の歯根膜は縮んでいき、反対側は引っ張られて伸びるという状態に。このアンバランスな状態が苦しい歯根膜は、元のバランスがとれた状態に戻りたがります。

そんな歯根膜からのヘルプを察知して助けにきてくれるのが、「骨芽細胞(こつがさいぼう)」と「破骨細胞(はこつさいぼう)」の2つ。骨芽細胞は新たな骨をつくる、破骨細胞は骨を削るという役割を持っています。 歯根膜が元のバランスのいい状態に戻れるように、骨芽細胞は新たな顎の骨をつくって伸びた膜を縮める、破骨細胞は顎の骨を削り縮んだ膜を伸ばす、という作業を開始するのです。 歯を動かしたい方向側を掘り進めて、その反対側を埋めていく。このような仕組みで、少しずつ歯が動いていくというわけなんですね。

関連記事

  1. 女性の矯正歯科

  2. 患者様からメールでご相談 使用するワイヤーは何色がありますか?

  3. 患者様からメールでご相談 裏側矯正だと治療期間が長くなるのは本当ですか?

  4. 矯正をつけた時の発音について

  5. 患者さまからメールでご相談 子供の矯正は何歳からできますか?

  6. 『子どもの矯正』に対する2つの考え方

  7. 歯を動かす時の痛みについて

  8. 患者様からメールでご相談 裏側矯正で使う装置はどんなものですか?異物感はありますか?

  9. 検査では何をみているのか?

  10. 矯正歯科とむし歯予防の関係性

  11. 患者様からメールでご相談 「上の歯だけ」「下の歯だけ」の矯正はできますか?

  12. 矯正治療の方法には大きくわけて2種類あることをご存知ですか?

  13. 患者様からメールでご相談 裏側矯正をすると、滑舌が悪くなりますか?

  14. 小児矯正

  15. 患者さまからメールでご相談 過去に矯正治療をしたけど、後戻りがあります。。。