矯正治療の方法には大きくわけて2種類あることをご存知ですか?

矯正治療の方法には大きくわけて2種類あることをご存知ですか?

スタンダートブラケット法とストレートブラケット法があります。

この2つの違いですが
スタンダートブラケット法は、歯に着ける器具(ブラケット)を装着し、各患者様の歯の表面の形に合わせてワイヤーを曲げて治療していく方法

ストレートブラケット法は、歯に着ける器具(ブラケット)に綺麗に並ぶための平均的な凹凸や傾き、ねじれなどが組み込まれており、既成のアーチ型のワイヤーを入れればほとんど曲げないでいいように工夫された方法です。

これが大きな違いです。

では各装置のメリットデメリットですが

 スタンダートブラケット法  ストレートブラケット法
 メリット  患者様の歯に合わせてオーダーメイドで作るので仕上がりが良い  1回の治療時間が比較的短く済み、緩やかな力によって痛みも少ない
 デメリット  患者様の歯の特徴をとらえたりするので、十分な経験と知識を持っていないと、上手く歯をコントロールできない。  歯に着ける器具(ブラケット)に組み込まれた凹凸や傾きは、あくまでも平均的なものなので、フィットする患者さんばかりとは限りらない

患者様の要望は様々です。
しっかり噛めるようにして欲しい
綺麗な歯並びにして欲しい
なるべくやすく矯正歯科を行いたい。
前の歯だけ綺麗にしたい

まずは、自分の要望を矯正医にお伝えし、そこの医院で可能か?不可能か?聞くことが大切だと思います。

このサイトでもメール相談というのも行っております。
是非ご活用ください。

くわしくはこちら

関連記事

  1. 矯正歯科とむし歯予防の関係性

  2. 裏側矯正

  3. 患者様からメールでご相談 歯並びがガタガタです。抜歯をしないと治りませんか?

  4. 歯を動かす時の痛みについて

  5. 歯が動く仕組み

  6. 患者様からメールでご相談 裏側矯正だと治療期間が長くなるのは本当ですか?

  7. 矯正治療と抜歯の関係

  8. 検査では何をみているのか?

  9. 患者様からメールでご相談 裏側矯正をすると、滑舌が悪くなりますか?

  10. 矯正治療の流れ

  11. 成人矯正

  12. 患者様からメールでご相談 目立たない透明な装置にすることはできますか?

  13. 矯正をつけた時の発音について

  14. 患者様からメールでご相談 「上の歯だけ」「下の歯だけ」の矯正はできますか?

  15. 『子供の矯正』のメリットとデメリット